アロマキャンドルの使用場所は?

アロマキャンドルはどこにでも置けます。芳香剤の代わりにもなるので、火を灯さなくてもちょっとしたインテリアとして、トイレにももちろん置けます。ただどこにでも置けるとは言いまいたが、一か所だけ向かない場所があります。それはダイニングテーブルです。アロマキャンドルは食卓には向きません。香りが付いているため、せっかくの食事の邪魔をしてしまいます。ですから、食卓に置くキャンドルは、無香のものにして、アロマキャンドルは、リラックスタイムに、そして芳香剤、照明として玄関や居間、洗面台など別の場所に置くとよいでしょう。

アロマは好きなにおいで選ぶのも一つですが、アロマにはそれぞれに効能があります。気分でアロマを選ぶなら、玄関にはペパーミントやレモンなど気持ちをすっきりさせるアロマキャンドルを、リビングで癒されたいときはラベンダーやセージ、グレープフルーツを、落ち込んでる時は明るく前向きになるローズやジャスミン・ゼラニウム人間関係などで張り詰めた緊張を解きほぐしたいときはイランイランやラベンダーを食欲がないときはオレンジを、勉強部屋や書斎には集中力を高めて能率を上げるローズマリーやペパーミントもしくはリフレッシュ効果のあるオレンジやグレープフルーツがいいでしょう。ハーブ系のアロマキャンドルは虫除けの効果もあるので、テラスやベランダで過ごす時にランタンに入れたり、キャンドルグラスに入れたりして、灯してみるといいでしょうね。

http://www.stepon.co.jp/
住友不動産販売で不動産についてご紹介

健康のために必要なカシスの情報サイト