キャンドルのある家

みなさんは、お家の中にろうそくはありますか?お家の中にあるろうそくと聞いて、まず頭に浮かべるのはなんでしょう。非常用、仏事用のろうそくですか?それともいろんな色、形のかわいいキャンドルですか。非常用ろうそくは太くて燃焼時間の長いろうそくですね。倒れないようにしっかり大きく作られているようです。確かになくてはならない一品です。仏事用のろうそくは和ろうそくと言って、ハゼからつくられるろうそくです。和ろうそくは江戸時代には庶民の間に明かりを灯すために使われていました。今では電球や蛍光灯、懐中電灯の普及もあって、照明として和ろうそくを灯すことはほとんどない様に思います。現在の和ろうそくは、主に仏事用で使用されるたり、茶道の夜咄の時に使われているようです。また1870年代に西洋から入ってきたといわれているのがキャンドルです。一般的には洋ろうそくと言われています。。キャンドルは、主にパラフィンワックス(石油系)で作られていて、近年、雑貨屋さんなどにおいてある、おしゃれでかわいいろうそくがそれです。他にも結婚式の時には欠かせないキャンドルサービスやキャンドルリレーにも使われています。今ではいろいろな種類のキャンドルが手軽に雑貨屋さんやインテリアショップで購入することができます。

ろうそく(キャンドル)にはリラクゼーション効果があるといわれています。また、マイナスイオン効果、消臭消炎効果のあるものもあります。このような効果のあるろうそくをお家の中のインテリアの一つに加えて、形や大きさもさまざまで自分のお気に入りを見つけてインテリアとして、夜の灯りとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

このサイトならアスタキサンチンの成分情報などを知る事ができます。

今、節電が社会的にも考えなければならない一つの課題になっています。江戸時代に照明として使われていたろうそく(キャンドル)を、今ここで、見た目にもおしゃれに節電出来る照明として、もう一度ろうそくをお家の中に取り入れてみませんか。これからキャンドルについて、すこしだけ紹介していきます。

このサイトならビタミンの成分情報などを知る事ができます。

マルチビタミンの効果や効能について